リハビリ

理学療法士・作業療法士が知っておきたい | 感度・特異度とは?分かりやすく解説します!

臨床では疾患の有無を判断するために様々な検査をすると思います。

整形外科の分野ではスペシャルテストって言ったりしますよね。

しかし、意外にこの検査の結果の解釈の仕方ってよくわかっていない理学療法士が多いんですよね。

また、最近はコロナのニュースの中で擬陽性とか偽陰性という言葉が出てきます。

これらの意味も含め、この記事では検査結果の解釈の基本となる感度・特異度について解説したいと思います。

感度・特異度って何?

って理学療法士や作業療法士の方は必ずこの記事を見て意味を理解して帰ってくださいね。

感度・特異度を理解する前に検査の意味を考える

基本的な考え方ですが、疾患を100%検出できる検査は存在しません。

血圧計という検査を行えば収縮期血圧135mmHg以上の人を高血圧と診断できるので、100%のように見えます。

これは、人間が疾患の基準を決めているからです。

最近話題のコロナを例に取れば、PCR検査陽性だからと言って100%の精度ではないのです。

そのことを前提に議論をしないと、暖簾に腕押し状態の議論になります。

もう一つ大事なことは、感度と特異度はどっちも高める事はできないということです。

感度を高めようとすれば特異度が下がります、このような関係をトレードオフと呼びます。

感度・特異度を具体的に計算してみよう

1つ例を示します。

このような検査結果があったとします。

この場合、疾患ありの方で検査陽性の割合は80%ですね。

これを感度と呼びます。

疾患なしの方で検査陰性の割合は70%です、これを特異度と呼びます。

感度というのは疾患のある人の話、特異度というのは疾患のない人の話です。

感度が高い検査は陽性であればその疾患である可能性が高い、

言い換えると陰性であればその疾患である可能性が低い

と言えます。

坐骨神経痛の感度98%の検査があったとします。

あなたが足の痺れがありその検査を受けて陰性だった場合は坐骨神経痛の可能性がかなり低いと考えられます。

つまり、除外診断に有効と言えますね。

坐骨神経痛の特異度が98%の検査があったとします。

特異度が高い検査で陽性であれば、その疾患ではない可能性が低くなります。

つまり、確定診断に有効と言えます。

感度を上げると特異度が下がるトレードオフの関係

ある病気の検査をしたらこのような結果となったとします。

この検査で疾患の有無を判断したいので、ここで線を引いてみたとします。

このラインを基準値とすれば、感度は100%ですね。

しかし、特異度はどうでしょうか?

疾患なしの5人のうち2人は疾患がないのに陽性となってしまいます。

つまり、特異度は60%と低い値となります。

ちなみに、この疾患がないのに陽性となった方が擬陽性です。

では、特異度を高めたいのでここに線を引いたとします。

こうすると、特異度は100%になりましたが、感度はどうでしょうか?

感度は60%に下がりましたね。

これがトレードオフの関係にあるということです。

では、どこに線を引くのが正しいのでしょうか?

それは疾患によって変わってきます、感度を取るか特異度を取るか。

命に関わるような疾患であれば、感度を高めておかないと検査に引っ掛かりません。

擬陽性が出たとしても、見落として命を落とすより良いと考えられます。

このような感度と特異度に重みの差がなく公平に見て検査のカットオフ値を決めるのがROC曲線です。

その疾患によって感度・特異度の重みが違いますので気を付けましょう。

【理学療法士・作業療法士が知っておきたい】感度・特異度のまとめ

  • 感度とは、疾患のある群において検査陽性の割合
  • 特異度とは、疾患のない群において検査陰性の割合
  • 感度と特異度はトレードオフの関係にある

これらを理解して、検査結果を解釈しましょう。

一般的には感度の高い検査は除外診断、特異度の高い検査は確定診断に用います。

理学療法においては特異度の高い検査は少なくて、

いろんな検査でもっともらしい疾患や病態を考えることが多いのではないでしょうか?

最後までお読み頂きありがとうございました。

兵庫・大阪で自費の訪問リハビリならエポック

弊社の訪問リハビリは経験豊富な理学療法士、作業療法士、言語聴覚士によるあなただけのリハビリプログラムを提供させていただいております。

兵庫県・大阪府 自費訪問リハビリ 対応疾患

脳血管障害

脳梗塞、脳出血後、くも膜下出血

神経筋障害

パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、ギラン・バレー症候群、筋ジストロフィーなど

脊髄障害

頸椎症性脊髄症、頸椎椎間板ヘルニア、胸椎椎間板ヘルニア、後縦靱帯骨化症、黄色靱帯骨化症、脊髄腫瘍や転移性脊椎腫瘍などの腫瘍性病変、感染症、血腫、脊髄空洞症、脊髄梗塞、脊髄炎、多発性硬化症など

循環障害

狭心症、心筋梗塞、不整脈、心筋症、弁膜症、動脈硬化、静脈血栓塞栓症など

呼吸障害

慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息、咳喘息など

代謝障害

糖尿病、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症(痛風)など

運動器障害

骨折、変形性関節症、四肢切断、寝たきり、寝たきりによる廃用症候群など

スポーツ障害

脊髄損傷、脊椎捻挫、野球肘、野球肩、オスグッドなど

兵庫県 自費訪問リハビリ 対応エリア

神戸市

全域

阪神南地域

尼崎市 西宮市 芦屋市

阪神北地域

伊丹市 宝塚市 川西市 三田市(応相談) 猪名川町(応相談)

東播磨地域

明石市 加古川市 高砂市 稲美町 播磨町

中播磨地域

姫路市

大阪府 自費訪問リハビリ 対応エリア

大阪市

全域

豊能地域

池田市 箕面市 豊中市 豊能町 能勢町

三島地域

茨木市 高槻市 吹田市 摂津市

北河内地域

枚方市 交野市 寝屋川市 守口市 門真市 四条畷市 大東市

中河内地域

東大阪市 八尾市

南河内地域

松原市

泉北地域

堺市

-リハビリ

© 2023 自費訪問リハビリなら エポック