リハビリ

痛みが起きるくらいの速さで歩くことで末梢動脈疾患の歩行障害は改善する

「無理せずに痛みのない程度で良いですよ。」

「歩くと足が痛い」という患者様がいたら、

あなたはきっとこんな台詞を言っていると思いますが

もしかしたら、その指導は間違っていたかもしれません。

足に痛みが生じる速さで歩くことで

末梢動脈疾患(PAD)の歩行制限が改善する可能性があります。

PADの間欠性破行を改善させるカギは歩行運動による血管新生

末梢動脈疾患(PAD)とは動脈硬化のために下肢の血流が不足する病気のことです。

足に十分な血流がいかずに歩行時に痺れや痛み、冷感を引き起こします。

ひどくなると歩いていると次第に歩けなくなるほどの痛みが起きて、

少し休憩するとまた歩けるという「間欠性跛行」と呼ばれる症状が現れます。

このPADの治療にはそもそもの動脈硬化の原因となる

喫煙、高血圧、糖尿病、高脂血症の治療を行い、

その上で運動療法や薬物療法、

場合によってはカテーテル治療がバイパス治療

といった手術も行われます。

そして、我々リハビリ職種が手を出せる治療となると代表的なのはやはり運動療法です。

運動療法の中でも歩行には筋肉の血管新生を促す効果があり、

血管新生によって末梢への血流を増やすことで間欠性跛行の改善ができるとされています。

その速度は、冒頭に書いたように

痛みを感じる速度

なのです。

実際の研究でも12ヶ月の歩行練習にて、

痛みが生じない速度で歩行練習をした低速歩行群とでは

6分間歩行での距離に有意な変化が見られなかったのに、

痛みが生じる速さで歩行練習をした高速歩行群では有意に歩行距離が伸びた

という報告もあったようですよ。

歩行距離は伸びるが痛みが増悪するケースも

ただし、この歩行練習にはリスクが伴います。

確かに高速の歩行練習によって歩行距離は伸びたのですが、

有害事象つまり症状が増悪したケースも少なからず発生していて、

その発生率は歩行速度が速くなるにつれて高くなっていたというのです。

多少のリスクを負ってでもメリットの方を優先するのは

海外らしいといえば海外らしいですし、

歩行機能の改善の一つの指標ができたのは大きな一歩なのではないでしょうか。

歩行時の痛みの有無だけでなく、痛みの強さとの関連性も考えながら、

リハビリに取り入れていけると良いですね。

兵庫・大阪で自費の訪問リハビリならエポック

弊社の訪問リハビリは経験豊富な理学療法士、作業療法士、言語聴覚士によるあなただけのリハビリプログラムを提供させていただいております。

兵庫県・大阪府 自費訪問リハビリ 対応疾患

脳血管障害

脳梗塞、脳出血後、くも膜下出血

神経筋障害

パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、ギラン・バレー症候群、筋ジストロフィーなど

脊髄障害

頸椎症性脊髄症、頸椎椎間板ヘルニア、胸椎椎間板ヘルニア、後縦靱帯骨化症、黄色靱帯骨化症、脊髄腫瘍や転移性脊椎腫瘍などの腫瘍性病変、感染症、血腫、脊髄空洞症、脊髄梗塞、脊髄炎、多発性硬化症など

循環障害

狭心症、心筋梗塞、不整脈、心筋症、弁膜症、動脈硬化、静脈血栓塞栓症など

呼吸障害

慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息、咳喘息など

代謝障害

糖尿病、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症(痛風)など

運動器障害

骨折、変形性関節症、四肢切断、寝たきり、寝たきりによる廃用症候群など

スポーツ障害

脊髄損傷、脊椎捻挫、野球肘、野球肩、オスグッドなど

兵庫県 自費訪問リハビリ 対応エリア

神戸市

全域

阪神南地域

尼崎市 西宮市 芦屋市

阪神北地域

伊丹市 宝塚市 川西市 三田市(応相談) 猪名川町(応相談)

東播磨地域

明石市 加古川市 高砂市 稲美町 播磨町

中播磨地域

姫路市

大阪府 自費訪問リハビリ 対応エリア

大阪市

全域

豊能地域

池田市 箕面市 豊中市 豊能町 能勢町

三島地域

茨木市 高槻市 吹田市 摂津市

北河内地域

枚方市 交野市 寝屋川市 守口市 門真市 四条畷市 大東市

中河内地域

東大阪市 八尾市

南河内地域

松原市

泉北地域

堺市

-リハビリ

© 2022 自費訪問リハビリなら エポック